毎日使う鍵穴だからこそ、その傷つき方は尋常じゃない

Key_hole家の鍵穴は、家から全く出ない生活をしていない限り、ほぼ必ず毎日使うものだと思います。車やバイク、自転車、金庫のカギは使わない日もたくさんあるでしょうが、家ばかりはそうもいきません。そんな毎日使う鍵穴だからこそ、その傷つき方は尋常じゃないと思うのです。鍵穴は細く薄く、中を覗けるような構造にはなっていません。ですから、私たち素人がその劣化や異常に気付くことは難しく、気付いた頃にはもうボロボロの状態でしょう。かといって定期的にチェックしてもらうかというと、そういうものでもないでしょう。せいぜい注油したり錆止めをしたり、洗浄スプレーなどで綺麗にするくらいではないでしょうか。毎日使っていて、防犯という意味で一番大切なものなのに、その扱いは結構ぞんざいなんですよね。

もし家の鍵が壊れたら、それこそ、ある日突然閉まらない、もしくは開かないなんてことになったら、どうでしょうか。困るどころの騒ぎじゃないと思います。家に入れない、家から出られない状況になってしまうわけですから。

だからこそ、やはり定期的にチェックするべきだと思います。毎回毎回鍵屋を呼ぶようなことではないかもしれません。でも、万が一に備えるのであれば、何かあってからでは遅いというのであれば、日頃からの点検と整備が何より大切ですし、それに勝る対策はありません。

形あるものは、少なからず絶対に傷付き、劣化し、いつかは壊れるものです。カギだってその例外ではないということを頭に入れて、もっとカギを大切に扱いたいものですね。